My Post

こんにちは、早川洋平です。

まだ5月だというのに暑くなってきましたね。
この文章を書いている場所は今、もう30度近いです(汗)

こんな日は外出もせず仕事や用事もそこそこに、
室内で涼みながらくつろぎたいですよね。

もしぼくが今この文章を書くことをやめていいなら(笑)、
まちがいなくiPhoneで次のどちらかを満喫するかなあ。

Appleミュージック(約5,000万曲!)で好きな音楽を好きなだけ聴いて、
Amazonプライムビデオ(数万作!)で好きな映画を好きなだけ観ます(笑)

それぞれ数千万曲、数万作品あるから、これを全部見ようと思ったら時間がいくらあっても足りないけれど。
こうしたうれしい悩みを抱えられるぼくらは、ほんとうにいい時代に生まれたと感じます。

おまけに、どちらも常に曲や作品が更新されていくから、
もう一生音楽と映画に不足することはないんじゃないかと(笑)
あなたならどうくつろぎますか?

それにしても
世の中の進化って質も量もスピードも、
ほんとうにすごいですよね

スマホとインターネットがあれば
かなりのことがそれなりにできてしまいます。

でも、だからこそ、
「このいつでもどこでも何かができる時代性」を娯楽だけでなく、
人生のクオリティを高めるためにももっと生かしたいですよね。

どんなにテクノロジーやツールが進化しても、
肝心のぼくらが自身をアップデートしなければ
結局は宝の持ちぐされになってしまうと思うんです(自戒も込めて)。

My Post(1)

1日はだれにでも平等に24時間あります。
いっぽうで豊かな人生を送っている人もいればそうでない人もいますよね
(全く同じような境遇・環境に生まれていたとしても)。

これはなぜでしょう。
いろいろな原因や考え方はあると思いますが、
ぼく自身は「時間とエネルギーを何に使うか」が人生の質に大きく比例すると思います。

といっても、たんなる「時間術」や「ハウツー」という意味ではありません。

この約15年間、
ぼくが各界のトップランナーやプロフェッショナルと呼ばれる人たちに会い続けるなかで気付いたのは、
彼らのほぼ全員が「あること」に時間とエネルギーを惜しみなく注いできたことでした。

そしてぼく自身も期せずしてその「あること」をし続けてきたから、
おかげさまで大好きなことで起業して10年を迎えることができたのだと
いまなら確信を持って言えます。

その「あること」とは、だれにでもできるけど、
99%の人が本当の価値に気付いていないであろうことです。
でも、気付けば一生涯、人生をアップデートし続けられる──

それはこちらです。

 

My Post(2)

 

アップデートといえば、
今朝のオンライン英会話でコロンビアに住むイギリス人の先生から
「最近でいちばん!」という映画を教えてもらいました。

タイトルは『Mary Queen of Scots』。
16世紀に生きたスコットランドのメアリー・スチュアートと
イングランドのエリザベスⅠ世、ふたりの女王の物語で……

ん?

何かきいたことあるようなと思ったら、
今春日本でも公開されていますね。
邦題は『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』。
イギリス好きのぼくとしてはなんともうれしい情報をアップデートできました。

「オンライン」英会話の恩恵を享受しつつ、
ほんとうに大切なことはやっぱり
「リアル」の会話から生まれてくるものですね。

さてこの映画、3月終了ということで観られる劇場がかなり限られている様子。
「リアル」な映画館でみるか、ちょっと待ってプライムビデオで「オンライン」視聴するか、迷い中です(笑)

また、なにか役立つアップデートがあればお知らせしますね。
みなさんにとって、今週もすてきな1週間となりますように。

それではまた!

早川洋平(プロインタビュアー)

 

 

Life Updateの更新情報や記事の一部をお届け
早川やキクタスの最新情報をお届けします
Life Update ニュースレター

※全て必須項目です。


 

 

主催イベント&ワークショップ

session-header-1024x621

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る