インターネットやスマホが普及し、
Facebook、Twitter、YouTube、LINE、ネットゲーム……etc
ソーシャルメディアが一般的になりました。

TV、新聞、雑誌、書籍など既存メディアから情報を受信するだけだった人も、
インターネットで簡単に情報発信ができる時代です。
その一方で、僕たちの日常には有益な情報と無価値な情報が入り乱れ、
情報の「大洪水」が起きています。

時間に限りがある中でこの情報カオスから、
価値ある情報を見極めるには?
自分らしく情報を発信するには?

プロインタビュアーとして情報との上手なつきあい方を模索すべく、
「日本で最も情報にまみれている」のではないか、と思う人物に話を伺いました。

Twitterフォロワー数およそ27万人。
ソーシャルメディアの寵児ともいわれ、
ラジオ、TV、雑誌などマスメディアにもレギュラー・連載多数。
ダボス会議「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」にも選ばれるなど、
気鋭のジャーナリストとして国内外に活躍の場を広げる津田大介さんの話には
シンプルな答えが散りばめられていました。

本コンテンツは、昨年末に横浜で開催され大好評だったライブのデジタル版。
モバイルに楽しめる音声と、まさにTHE LIVEな映像をセットにしました。

THE LIVE 01「本当に価値ある情報を受信・発信する方法」

live1tsuda1

本当に価値ある情報を見極め、自分らしく受信・発信していくための
スタイルとはいかなるものか。

耳から、目から。ライブを楽しみながら、ぜひ確立してみてください。

■ライブの「耳のつけどころ」

(1)ソーシャル疲れ…その理由は情報の量の多さではない?
   デジタルデトックスやソーシャル断捨離よりも大切なこと

(2)価値ある情報とゴミ情報を見極める方法。
   カギは「情報メンター」にあり!

(3)なぜ「情報をお金に換え続けられる」のか?
   読者5000人超えの有料メルマガに見る津田イズム。

(4)ソーシャルメディアの「日本人らしい」使い方とは?

(5)情報発信のモチベーションを保つために忘れずにいたいこと

(6)ネットに溢れる批判への対策のために、心がけたい5文字の言葉

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る