筆不精だが最近は本の執筆が何とか続いている。理由はこの
[…]