IMG_9873

今回は日本在住、デンマーク出身のイェンス・イェンセンさん。

「コスモポリタンって外国に行くんじゃなかったの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、僕の考えるコスモポリタンは、
あくまで「大好きなことをしながら世界で生きている人が、どういう人なのか」ということが核なのです。

これまでとは逆に、日本に住んでいる外国人の話を聞くことで
「日本が外国人からどう見られているのか」
「日本人にはどういう強みがあるのか」
ということが浮き彫りになるかもしれない。そんな期待をもって、イェンスさんを訪ねました。

イェンスさんは「一般社団法人日本コロニヘーヴ協会」の代表理事。
「コロニヘーヴ」とは、デンマークの人々が休みの日に楽しんでいる小屋付きの庭のこと。
彼はこの「コロニヘーヴ」を日本に広めるために、2010年「日本コロニヘーヴ協会」を設立し、
デンマーク式スローライフを発信しています。

彼と、デンマークの家庭菜園や食文化、教育の話をしていくと、
これまでの常識が音を立てて崩れ落ちるような衝撃を感じました。

「デンマークには大学試験がない!?」
「採用試験もない!?」
「渋谷センター街は外国人には不思議な場所?」

イェンスさんとの対話によって、日本人のユニークさをいろんな角度から再認識。
こんなにガツンときた会話は久しぶりで、自分を再認識して明日から頑張るエネルギーをいただきました。

耳のつけどころ
□デンマークの学生がとても成熟している理由
□日本の自然の本当の美しさ
□日本人の気づかない日本人の良さ
□ヨーロッパの教育システムと日本の教育システムの違い
□ハイキングの本当の目的
□DIY。自分で手作りすることの楽しみ

head_main

lineup_10

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る