こんにちは。早川洋平です。
今年も残すところあと1カ月弱となりました。
みなさんは、いかがお過ごしでしょうか。

僕は必ず1年の終わりに、自分合宿なるものをどこかに籠もって行うのですが、
今年は急きょ今オンエア中のあるテレビCMの撮影(インタビュアーとして)が急きょ入るなど、
例年になくスケジュールが立て込んでいる状態。

仕方ないので、飛行機で、電車で、カフェで、移動しながら「自分合宿」をしています(汗)。
街を歩いていて、一人でぶつくさ言ったり、ボケーッとしている人がいたら、
それは僕かもしれませんが、合宿中なので声はかけないようにお願いします(笑)

職業柄、今年1年もさまざまな「言葉」に触れてきましたが、一番印象的だったのは、この言葉。

「最終的には、自分のセンスで、のんびり生きようと思えた人が勝つと思うしね」

キクタスでインタビューした作家の石田衣良さんの言葉です。

師走になると(僕はいつもですが)、人はどうしてもせかせかしてしまいがち。
でも、焦るからこそ、じっくりとのんびりと歩んでみる。その方が心のゆとりにつながり、
エネルギーのロスも少なくなる。だから結果もポジティブになりやすい。

これはインタビューも同じで、相手がいろいろと考え込んでいるときに「間」が怖くなって、
こちらが別の質問や妥協するような相の手を入れてしまったときは、概してそのインタビューは浅くなってしまいます。
そればかりか相手の信頼を失いかねません。反対に、こちらが質問を投げかけたときに、
じっくりと「待つ」ことができたとき、相手からはすばらしいメッセージが出てくることが多いものです。

やっぱりキモはどれだけ「待てるか」ですね。
人生も仕事も!

この精神で年末も来年も歩んでいきたいと思います。

P.S.そうは言っても、この行列はきついかな……いや、精進精進(笑)

IMG_2774

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る