こんにちは。プロインタビュアーの早川洋平です。

今日は、インタビュー読み放題・聴き放題WEBマガジン「Life Update Unlimited」から、ゲスト(Updater)との対談の様子をお届けします。

今回のUpdaterは直木賞作家の石田衣良さん。
テーマは【センスと結果を両立させる文章とは】。

対談第4回は「【書き手としていちばん大事なこと】」です。
ira-t4-1024x853

石田衣良さんは毎年2冊のペースで新刊を出しながら、さまざまなイベントやメディアにも出演している。その合間に膨大な量の映画やドラマ、アニメを観て、本を読み、国内外のニュースをチェックしているという。多忙極まりないように思うが、その姿にはいつも余裕がただよっており、少しも忙しさを感じさせない。彼はどのように時間をやりくりしているのだろうか? その時間術や執筆環境へのこだわり、新作小説の構想について聞いた。
(以下、対談より抜粋してお届けします)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ネット小説から直木賞受賞者は出るか?

早川:読者の方からこんな質問をいただいています。
「誰でもネットに気軽に文書をアップできる時代。私自身はまだ本当におもしろいと思える作品には出会えたことがありません。作品が乱立しているので、良質な作品を探すのが難しいと感じます。
ネット小説をアップしている人の中には、『これからの時代は直木賞もネット小説から出るようになる』と言っている人もいますが、今の段階では、本当かどうか疑わしく思います。衣良さんは、ネット小説またはネット時代の文学についてどう見ていますか?」ということです。

衣良:どんなジャンルにも天才はいるので、ネット小説でも一人か二人はそういう人が現れるかもしれません。
ただ、今の段階ではネット小説の大半に編集者や校閲など他人の目が入っていないので、作家自身がよほどのセンスや文章感覚を持っていないと厳しいと思います。

今出回っているネット小説って、アニメの脚本を読まされているようなものが多いんです。セリフがあるだけで、情景描写は何にもない。
「この人たち、真っ白なスタジオでしゃべっているの?」と思うような小説がたくさんあります。

そういう点では、「まだまだしんどいよな」と思いますが、将来的にネット小説から天才が現れる可能性はあるんじゃないでしょうか。
米津くんだって、ボーカロイドの曲をネットにアップし続けて、こんなに人気が出たわけでしょう。
そう考えると、ネット小説が出版されて直木賞をとることも普通にあり得ると思います。
ただ、小説ほどプロとアマの差が激しいものはないんですよ。

早川:カラオケではプロ顔負けの子は普通にいますけどね。

衣良:でも、小説の場合は実力が明らかに違います。
ネットで好き勝手に書いている子達は、もう箸にも棒にもかからないぐらい下手なので。
「小説なんて誰でもできる」と思われがちですが、実は一番差が出るんです。
こんなに実力差が出るのは、相撲と小説くらいじゃないかな。

石田衣良の「時間術」

早川:リスナーからこんな質問もいただいています。
「以前、人生にテーマを持つという話をしていたので、衣良さん自身が今どんなテーマに興味関心があるのか教えてください」

衣良:あと20年、自分のペースで本を書きながら暮らしたいのが一つ。
40、50代が忙しすぎて旅行できなかったので、旅をしたいっていうのが一つ。
ずっとペーパードライバーだったので、講習に通って運転もしたいですね。

早川:今後、執筆のペースを落とすこともあり得ますか?

衣良:いや、あまり変わらないと思います。
今も無理して詰め込んでいるわけではなく、年2冊ぐらいのペースですから。

早川:毎月締め切りがあって、すごく忙しいと思うんですけど。
その中でたくさん映画を観たり、本を読んだりされています。
こういう言葉は嫌いかもしれませんが、衣良さんの「時間術」を知りたいです。

………以上【石田衣良さん対談】第4回「書き手としていちばん大事なこと」より抜粋してお届けしました。

 

石田衣良さんの対談記事(全文/全4回)や対談音声【センスと結果を両立させる文章とは?】をもっと楽しみたい方は、下記から会員登録をどうぞ。

 

55887873_2604664122878313_808055598041006080_o
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

インタビュー読み放題・聴き放題WEBマガジン
「Life Update Unlimited」

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

石田衣良さんのほかにも、のべ50以上の対談記事や音声がお楽しみいただけます。
今後も適宜アップデートしていきますのでどうかお楽しみに!

現在配信中の対談例

2c55759efd87cee074c1290ecc46dc3d-1024x853767aa9dc563ef1d95392c7dc341d8682-1024x853924c75e0130a693c5ab276c6763a7f1a-1024x8539b28a1d319c1da28b847bb00238532b6-1024x8539351fc355e8f182fb4519d025085a32f-1024x853c655a0235948cc1fa567c08cc72adddf-1024x853b9c247a7f155fceb776c6fef9d6e131d-1024x853ando-v1-1024x853kuramoto-v-1024x853odahara-v-1024x853tetsuro-v-1024x853will-v1-1024x853

 

関連情報5/16(木) 石田衣良さん「読書オフ会」開催

 

今回の対談ゲスト、石田衣良さんの「読書オフ会」が開催されます。

テーマは短篇(ショートショート)。
選書は山本周五郎の『その木戸を通って』(新潮文庫『おさん』収録)です。

衣良さんいわく「人情ものの傑作」!
読書会自体はじめてという方も参加しやすいイベントです。

ぼく(早川)も参加しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

日時:2019年5月16日(木)19時00分~21時20分(開場18時40分)

詳細・お申し込みはこちらから

スクリーンショット 2019-03-28 16.01.33

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は、新たなUpdater(ゲスト)との対談の様子をお届けします。
どうかお楽しみに。

今週もみなさんにとってアップデートあふれる一週間になりますように。

プロインタビュアー 早川洋平

 

Life Updateの更新情報や記事の一部をお届け
早川やキクタスの最新情報をお届けします
Life Update ニュースレター

※全て必須項目です。


 

 

主催イベント&ワークショップ

session-header-1024x621

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る