こんにちは。プロインタビュアーの早川洋平です。

今日は、インタビュー読み放題・聴き放題WEBマガジン「Life Update Unlimited」から、ゲスト(Updater)との対談の様子をお届けします。

今回のUpdaterは直木賞作家の石田衣良さん。
テーマは【センスと結果を両立させる文章とは】。
対談第3回は「プロと素人の文章は何が違う?」です。

 

ira-t3-1024x853

物を書く仕事についている人以外でも、自分自身や商品を売り込みたいと思ったとき、魅力的な文章を書けることは大きな武器になる。実際にホームページやブログなどで情報発信している人も多いだろう。だが、「思うように内容が伝わらない」「たくさんの人に読んでもらえない」と悩む人は少なくない。プロとアマチュアの文章にはどんな違いがあるのだろう? 出版業界でトップランナーとして活躍し続ける、直木賞作家の石田衣良さんにうかがった。
(以下、対談より抜粋してお届けします)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベストセラーを生み出す黄金の法則はあるのか

早川:最近『ベストセラーコード』という本を読んでいます。
どういう作品がベストセラーになるか、過去のデータを分析したアルゴリズムが出てくるんですけど。
結構言い得ているみたいですが、それで本当にベストセラーが出せると思いますか?

衣良:いや、出せないんじゃないですか。
音楽でいうと、パッフェルベルのカノンの循環コードは、ポップスの中で何百回も使われていて、「これがあればヒットする」って言われています。
でも、山下達郎の『クリスマスイブ』はヒットしたけど、別の誰かが取り入れたカノンコードは全然ダメということはザラにあります。
そこをなぞっているだけでは厳しいですね。
それと、正直言ってAIはものすごくバカなので、創作に関してはまだまだですね。

早川:アメリカではAIにネタ出しさせている作家がいるそうですが、それについてはどう思いますか?

衣良:ある程度テーマ設定をして、「警察」「殺人」「裏切り」とか、いくつかキーワードを入れると、粗筋を作ってくれるソフトがあるんですよ。
何百本も出させた中から、「コイツはおもしろそうだな」というプロットを選んで、磨くというやり方です。
正直言って、そういうのは下手くそがやっていることだから。

早川:一番大切な部分は自分でやらないとダメということですね。

プロとアマの文章はどこが違うのか

早川:これもうかがいたかったんですけど、本を出版する前に何度も推敲しますか?

衣良:もちろん見ますけど、何十回も読むとか、何時間も直すようなことはしません。
小説の場合は、そういうことをやると文章が干からびていくんだよね。

早川:村上春樹さんと村上隆さんの、30年ぐらい前の対談を見たんですけど、お二人とも奥さんに作品を見せて、何回も書き直すと言っていました。
一番信頼できる人の意見を聞いて反映させるそうです。
衣良さんはそういうタイプではなさそうですね。

衣良:べつに誰かに読ませようとは思わないので。

早川:書き直しもそんなにありませんか?

衣良:めんどうくさいのでほとんど直しません。
直さないと小説にならないような第1稿を出す人もたくさんいますが、初稿が決定稿になる作家も結構います。
文章感覚や文体に特徴があって、うまい人が基本的に多いんですけど。

早川:衣良さんもデビュー当時からそのスタンスですか?

衣良:そうです。

早川:自分と作品を切り離す、客観的な目があるということだと思います。
そこがきちんとできているか、できてないかって大事ですよね?

衣良:それぞれの人の文体に特徴があるから分かりません。
ぼくは割となめらかにつながる文章を書くじゃないですか。
あるいは『池袋』シリーズみたいに、ものすごく人工的だけど、独特のリズムを持たせています。
リズムで書いている人は基本的に直さないほうがいいんです。

早川:その人独特のリズムって絶対にありますよね。

衣良:そこがプロとアマの差なんですよ。
お役人の文章って全然頭に入らないじゃないですか。
ああいうリズムのないものを読んだ上で、自分なりのリズムをどう作るかを考えたほうがいいですね
例えばクラシックでも、3/4拍子だったり2/4拍子だったり、いろいろな拍子があります。
そういうのを文章で使い分けられるといいんです。
ハードな犯罪小説であれば、ロックのようなカチッと固い文章にする。
恋愛小説は柔らかなピアノ曲にするつもりで作れば、文体のリズムは自然と変わります。
書く上ではそういう楽しみもあるので、好きな人はやればいいんじゃないかな。

早川:衣良さんはそれができるから、いろんなジャンルが書けるんですね。
書くときもスイッチが入って、そういう文体になるんですか。

衣良:作品ごとに、それなりの文体を選んで作っています。
それがまた楽しいんです。

早川:いわゆるエッセイストやライターとして、「このネタでいく」と決めている人の文体は一つでもいいんですか?
幅があったほうがいいとは思うんですけど。

………以上【石田衣良さん対談】第3回「プロと素人の文章は何が違う?」より抜粋してお届けしました。

石田衣良さんの対談記事(全文/全4回)や対談音声【センスと結果を両立させる文章とは?】をもっと楽しみたい方は、下記から会員登録をどうぞ。

 

55887873_2604664122878313_808055598041006080_o
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

インタビュー読み放題・聴き放題WEBマガジン
「Life Update Unlimited」

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

石田衣良さんのほかにも、のべ50以上の対談記事や音声がお楽しみいただけます。
今後も適宜アップデートしていきますのでどうかお楽しみに!

現在配信中の対談例

2c55759efd87cee074c1290ecc46dc3d-1024x853767aa9dc563ef1d95392c7dc341d8682-1024x853924c75e0130a693c5ab276c6763a7f1a-1024x8539b28a1d319c1da28b847bb00238532b6-1024x8539351fc355e8f182fb4519d025085a32f-1024x853c655a0235948cc1fa567c08cc72adddf-1024x853b9c247a7f155fceb776c6fef9d6e131d-1024x853ando-v1-1024x853kuramoto-v-1024x853odahara-v-1024x853tetsuro-v-1024x853will-v1-1024x853

 

関連情報5/16(木) 石田衣良さん「読書オフ会」開催

 

今回の対談ゲスト、石田衣良さんの「読書オフ会」が開催されます。

テーマは短篇(ショートショート)。
選書は山本周五郎の『その木戸を通って』(新潮文庫『おさん』収録)です。

衣良さんいわく「人情ものの傑作」!
読書会自体はじめてという方も参加しやすいイベントです。

ぼく(早川)も参加しますので、ぜひお気軽にご参加ください。

日時:2019年5月16日(木)19時00分~21時20分(開場18時40分)

詳細・お申し込みはこちらから

スクリーンショット 2019-03-28 16.01.33

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回は、石田衣良さんとの対談第4回「書き手としていちばん大事なこと」の様子をお届けします。
どうかお楽しみに。

今週もみなさんにとってアップデートあふれる一週間になりますように。

プロインタビュアー 早川洋平

 

Life Updateの更新情報や記事の一部をお届け
早川やキクタスの最新情報をお届けします
Life Update ニュースレター

※全て必須項目です。


 

 

主催イベント&ワークショップ

session-header-1024x621

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る