アメリカ取材2箇所目はニューヨーク。
6回目の渡米にしてようやく初訪問。
インタビューの合間を縫って

ニューヨークの中心であり約160万人が住むと言われるマンハッタン。

 

 

th_P1180928

 

 

そして近年日本でも注目を浴びる瀟洒な街ブルックリンをまわりました。

 

 

P1180904

 

 

 

すべてが対照的と感じた
2箇所でしたが

そこに共通するのは

【遊び心】。

まずは定番のこちらから。
でもなぜに提灯!?(笑)

 

 

th_P1180827

 

 

 

そしてタイムズスクエア周辺では
いきなりタイムマシン(デロリアン)?に遭遇!

 

 

 

 

 

 

th_P11809402

 

 

 

そのままマンハッタンを歩くと
あれ、リンゴのお店に外観そっくり?
これってライバルとしてどうなんだろう…笑
ま、これもある意味遊び心の表れか…(としましょう)

 

 

 

th_IMG_47862

 

 
続いてブルックリン。

 
th_P1180898

 

 

アメリカのイメージを覆す“懐石料理”
抜群のプレゼンとホスピタリティとともに。

 

 
th_IMG_4792IMG_4795 th_IMG_4798 th_IMG_4807

 

 

 

これがブルックリンのティー文化を牽引する
オーガニックティー専門店の入り口!?

 

 
P1180908

 

 

 

こちら名物のハンバーガーを一刻も早くトライしたくて(笑)
メニューを求めたら…なんと紙のテーブルクロスが
メニューに早変わり(笑)

 

 

 

th_P1180856th_P1180860th_P1180861

 

 

ともあれ、振り返るだけで
ほっこりする遊び心の数々。

 

 

th_P1180826th_P1180852

 

ゆとりがないときほど、

遊び心を取り入れたり、
文字通り遊びに行ったり

してみる。

 

その方が結局うまくいく。

 

昔から言われていることではあるけれど、
まじめ(自称・汗)をうたう
僕には、なかなかわからなかったこの真理。

 

ニューヨークでようやく体感できました。

 

「ハンドルの遊び」という言葉にあるように
「遊び」って機械にも必要ですよね。
部品同士が密着せずにある程度動けるようにするあの遊びです。

 

機械にも必要なくらいだから、
もう「遊びは絶対人間に不可欠」な
気がしてなりません(笑)

 

日々の生活はもちろん、仕事にも。
ということで、今回の最終目的地、
ポートランド(オレゴン)へ遊びに、いや(笑)、
仕事に行ってきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る