【キクタススタッフより】

早川が精力的に取り組んでいる新メディア、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。第18号が配信されました。

そうそう、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」には「イラとマコトのダブルA面エッセイ」というコーナーがあって、ご存知池袋ウェストゲートパークのマコトが書いたエッセイも読めるのです。

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

────────────
目次
────────────

00 PICK UP「ミスをすると落ち込みすぎてしまいます」
01 ショートショート「土曜日の読書会」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈18〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記

今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈18〉
──────────────────────

◇「月イチ2文」が生まれた夜   石田衣良

それは日曜日の夜だった。

時刻はもう11時半過ぎ、ぼくは風呂上がりのパジャマ姿でソファでだらだらしていた。

あとはもう寝るだけだ。夜のテレビはつまらない。天窓を見あげながらぼんやり考える。

「どうして本はこんなに売れなくなってしまったんだろう」

本の世界で生きている作家には深刻な問題だ。

それは出版社、取次(本の問屋)、全国の書店、印刷会社、製紙会社などなどすべての関係者にとって頭の痛い難題だ。

そのときふと思った。いつまでも安全な場所にいて事態を分析したり、憂慮したりしていてもどうにもならない。

たったひとりの個人でもいいから具体的な運動を起こしたほうが、きっといいのだ。

気がつけば、ぼくはスマートホンを手にとりツイッターに打ちこんでいた。

「月1回本屋さんで2冊文庫本を買う」運動を始めよう!

1冊はお楽しみのため、もう1冊は自分を磨くため・・・続きはブックトーク第18号で……)

◆マイ・ブックストア   真島マコト

池袋はご存知のとおり、新刊書店の激戦区だ。

東口にはビルが丸々ひとつ本で埋まったジュンク堂と三省堂書店。

三省堂は以前はリブロ書店で、おれがこの街で一番よくつかっていたいきつけだった。閉店は残念だけど、跡地にそのまま三省堂がきてくれたからまあ問題はないよな。

それに西口にはくまざわ書店と旭屋書店。

こちらは店の規模としては東口にかなわない感じだが、いい店だ。

うちの果物屋は西口にあるけれど、本を探しにいくときはびっくりガードやハッピーロードを抜けて線路の向こう側にいくことになる。

おれは高校を卒業するまで、ろくに本など読んだことがなかった。

うちには読書家はいないし、本棚だってない。

まあ本好きが育つような環境ではなかったのだ。

だけど、自分で文章をすこし書くようになって本を見る目が変わった。

バルセロナのメッシのゴールや日ハムの大谷のストレートは確かにとんでもなくすごいよな。でも、本の世界にもそういう化物はいくらでもいるのだ。サッカーや野球に比べて歴史が長いから、もっとすごいやつが綺羅星のように存在する。続きはブックトーク第18号で……)

────────────────────────

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。初月無料ですので、ぜひ一度、お試し下さい。

メルマガ・石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る