アーティストになるなら美大へ。音楽家になるなら音大に──
彼女の画家への道は、そんな「20世紀的」な夢実現方法とは一線を画すものだった。

入口はひとつじゃない。大切なのはむしろ出口。

たとえ今は夢からほど遠い場所にいたとしても、21世紀にはさまざま夢への入口と出口がある。
ホーチミンでの彼女との対話はそんな気づきを与えてくれた。

【COSMOPOLITAN Vol.25】
ANDO Saeko(vietnamese son mai-lacquer painting)/安藤 彩英子さん(漆画家)

12772025_1180806231930783_294390947262655996_o

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る