【キクタススタッフより】

早川が精力的に取り組んでいる新メディア、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。第16号が配信されました。

そうそう、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」には「イラとマコトのダブルA面エッセイ」というコーナーがあって、ご存知池袋ウェストゲートパークのマコトが書いたエッセイも読めるのです。

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

────────────
目次
────────────

00 PICK UP「心を開いてくれない子ども」
01 ショートショート「送別会の夜」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈16〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記

今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈16〉
──────────────────────

◇ツイート狂詩曲   石田衣良

SNSが大嫌いだった。

自分のプライベートなんか不特定多数の人と共有して楽しいのかな。

いいたいことなら、作家の場合エッセイや小説で好きなように書ける。しかもちゃんと原稿料も支払われるのだ。SNSなんてやってられないよ。そんなふうに思っていた。

ところが去年の春にツイッターを始めて、自分でも意外なほどはまってしまった。

140字という短文のなかに、あるアイディアや視点をぎゅっと凝縮して、思いついた瞬間に書きとめる。それをほぼ同時に、世のなかに広く問えるのだ。これは実際にやってみると、実におもしろいものだった。そのときのトピックに反対したり、ひとひねりして肯定したり、自分の考えが揺れたりするのがまた興味深い。

10カ月ほどかなり濃密にやってみた感想は「ツイッターって素晴らしい発明だ」というものだ。いや、一周どころか何周も遅れたリアクションですみません・・・(続きはブックトーク第16号で……)

◆無問題(ムーマンタイ)!   真島マコト

おれはぜんぜんSNSなんてやってない。

それでぜんぜん問題ないし、これからもネットではおれの存在感はゼロのままだろう。

まあ、好きなことはへたくそなコラムで書けるし、この時代変に悪目立ちすると、あとあと面倒だしな。

けれど、そんなことをいえるのもおれが果物屋の店番兼零細コラムニストというおかしな商売をしているせいかもしれない。

就職試験なんかじゃ、SNSを手広くやり過ぎているのもダメだし、おれみたいにネットではゼロなんてのも同じようにバツがつくらしい。

なにごともほどほどにというのが、なんかニッポンらしいよな。

それでもたくさんの人間がSNSにはまるのはわかるんだ。

おれたちは自分の意見をどこかで発表したいし、多くの人間と同じ意見であることを確認したいし、同じ意見をもつ同志を増やしていきたい。

どうも人間には文化的遺伝子を共有する仲間を無条件で増やしたいという欲望があるみたいだ・・・(続きはブックトーク第16号で……)

────────────────────────

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。初月無料ですので、ぜひ一度、お試し下さい。

メルマガ・石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る