【キクタススタッフより】

早川が精力的に取り組んでいる新メディア、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。第14号が配信されました。

メールで配信しているので「メルマガ」ではあるのですが、今回も読み応えたっぷりの文章量。なのに飽きることなく、一気読みしたくなるんです。

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

────────────
目次
────────────

00 PICK UP「やる気スイッチはどこにあるの?」
01 ショートショート「最高に仲のいい母娘」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈14〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記

今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈14〉
──────────────────────

◇「だいじょうぶです」の時代   石田衣良

正月休みに久しぶりに妹と話をした。父は亡くなっているので、主のいない家でのことだ。

「最初に『だいじょうぶです』っていわれたときは、どういう意味かぜんぜんわからなかったな」

彼女は国際線をもう四半世紀も飛び続けるベテランCAである。ぼくにはその言葉の意味さえわからなかった。

「だいじょうぶですって、どういう状態で誰がいうのかな」

うーんといって妹はこたえた。

「日本の若い人しかいわないかな。それもここ3年くらいで耳にするようになった。わたしたちの仕事はあれこれお客様にサーブすることだから、飲みものとか食事をサービスしようとするときに、日本人の若者がいうの。『だいじょうぶです』って」

「ああ、そういうときのだいじょうぶなんだ」

「そう、でも最初は意味不明で、サービスが必要なのか不要なのかって考えちゃった。結局、英語でいうなら『リーブ・ミー・アローン』とか、『ドント・ディスターブ』っていうことなんだと気がついたけど。CAにしたら、そちらのほうが楽でいいんだけど、他の国の人はああいうことはいわないな」

しばらく黙って考えこんでしまった・・・続きは1月22日発行のブックトーク第14号で……)

◆だいじょうぶな訳ないだろ   真島マコト

いくつになったら落ち着けとか、いくつになったら結婚しろとか、いくつまでに子どもをもてとか、家やマンションを買えなんていう年齢による決めごとが、おれは大嫌い。

余計なお世話だよな。だいたい日本人が好きな世代論なんてそうとう怪しいものだ。年が20だろうが30だろうが、50だろうが60だろうが実際には年齢による違いよりも、個人差や地域差のほうが遥かにおおきいだろ。

個人個人みんなばらばらなんだから。

おれたちはそろそろ年齢で輪切りにして、何百万という人間をみな似たようなものだと雑に扱うのを止めたほうがいい・・・続きは1月22日発行のブックトーク第14号で……)

────────────────────────

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。初月無料ですので、ぜひ一度、お試し下さい。

メルマガ・石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る