ベストセラーと言われるビジネス書を何冊も読んだり、「すごい!」と評判のセミナーにいくつも参加したりしているのに一向に成果が出ない……。

 

一方で、ビジネス書をサラッと読んだだけで、何千万円、何億円も売上に結びつける人もいます(事実、僕がこれまでに会ってきた各界のトップランナーの多くがこのタイプだったように思います)。

 

その違いはいったい何なのだろう?

 

僕自信がずっと感じてきたこの疑問から生まれたのがオーディオブック『セミナー・ビジネス書以前の「経営者・起業家の常識」』です。

 

僕が問いをぶつけたのは、これまで1,200名以上の経営者の経営相談・人生相談を受け、解決してきた経営コンサルタントの中井隆栄先生。

 

何十、何百人といるビジネスの達人のなかからなぜ僕が彼にインタビューしたのか?

 

それは中井先生がビジネスの達人であるだけでなく、ビジネスの「原理原則を教える」達人でもあるからです。

 

サッカーや野球の世界に「名選手は必ずしも名監督にはならない」と言う言葉がありますが、ビジネスや人生もこれと同じだと、僕は数え切れないほどのトップランナーに会ってきて感じます。

 

天才型ほど、感覚や感性で物事を話すことは少なくありません(野球の◯嶋さんもそうかもしれませんよね)。

 

だから、この問いをぶつけるなら、絶対に「教える達人」でなければならないと僕は決めていました。

 

ここで再び冒頭の質問に戻ります。

 

なぜ同じビジネス書やセミナーに触れても、全く成果が出せない人とみるみる結果を出し続ける人がいるのか?

 

僕はある時、思い切って中井先生にこの質問をぶつけてみました。

 

「それは、ビジネス書やセミナー以前のビジネスの常識がその人にあるかないかなんじゃないかな」

 

え?!「以前」の常識って何ですか?

 

「例えばパソコンを想像してごらん。パソコンは基本ソフトウェアであるOSがインストールされていなければ、アプリケーションであるワープロソフトやプレゼンテーションソフトを動かして使うことができないよね。ビジネスもまったく同じなんだよ。ビジネスの基本となる『あるOS』がインストールされていなければ、いくらアプリケーションにあたる経営手法やビジネスノウハウを学んだとしても使うことができないんだよ」

 

ビジネス書やセミナーは、アプリケーション……この発想は衝撃でした。確かにワードやエクセルを持っていてもWindowsOSやマックOSがパソコンにインストールされていないとアプリは動くわけがない。そんな分かりきっていることを、ことビジネスの世界になると自分はまるで分かっていませんでした(考えたこともありませんでした)。

 

逆に言えば、トップランナーの多くがビジネス書やセミナーからどんどん結果を出しているのは、このOSがインストールされているからなんだということにも気がつきました(彼らがこうした概念に気づいているか否かは別として)。

 

では、そのOSはどんな仕組みなのか? どうすればインストールできるのか?

 

そんな疑問をあますことなくぶつけ、「誰もがわかり、実践して、モノにできる(受け手のビジネススキルやセンス、経験、自信の有無に関係なく)」ような言葉で解き明かしたのが

 

オーディオブック『セミナー・ビジネス書以前の「経営者・起業家の常識」』です。
もっとビジネスを成功させたい経営者・起業家には必聴の内容です!

 

banner2

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る