「演技に嘘がない役者さんのことだと思います」

先日キクマガのインタビューでお目にかかった
役者の安藤玉恵さんのことば。

『あまちゃん』の観光協会の栗原ちゃん、
『探偵はバーにいる』の峰子など数多くの映画、
ドラマ、舞台で活躍中の安藤さん。

20160906%e6%97%a9%e5%b7%9d%e3%81%95%e3%82%93x%e5%ae%89%e8%97%a4%e7%8e%89%e6%81%b5%e3%81%95%e3%82%93

写真:Copyright © Mayu Fuchigami. All Rights Reserved

そんな、どの作品に出ても強烈な個性を発揮し続ける彼女に
ぼくがどうしても聴きたかった質問がありました。

それは、

Q.安藤さんが考えるいい役者さんとは?

という質問。

そして返ってきたのが

「演技に嘘がない役者さんのことだと思います」

という答えでした。

演技って、お芝居だよね、あれ?
だとしたら嘘がないってどういうことだろう。

安藤さんの言葉を借りれば
「演技中、その言動は役者にとってすべて『真実』になるんです」

芝居だけど、芝居をしている感覚が完全になくなる。
その役柄と自身が完全に一体になる。

だからそこに嘘はない。
事実ではないかもしれないけど、真実はある。

そんな感覚でしょうか。

ぼくはお芝居をしたことがないので
安藤さんの感覚を100%理解したとは
恐れ多くて言えませんが、

インタビュー終了後も、
しばらくは余韻が残ったままでした。

なんだか、
自分自身にもこの質問を問われているような気がして。。。

Q.いい「インタビュアー」の条件とは何ですか?

よかったらあなたも、
「インタビュアー」の部分もご自分のお仕事や役割に
置き換えて考えてみて下さい。

答えはいくつも、いくつも本当にたくさんあるのですが、
ぼくがいちばん気をつけているのが「流さない」ことです。

インタビューというとみなさん難しく考えがちですが、
究極的には目の前にいる人と自分との1対1の対話という
とてもシンプルなモノです。

素人同然ではじめたぼくも、
10年以上インタビューのお仕事を続けていれば
さすがに「慣れ」はあります。

ややもすると

この質問をして、次はこの質問。
相手がこう答えるだろうから、こう返そう。

といった
「インタビューの台本」

のようなものを想像したりしてしまう自分がいます。

経験は自分にとって財産ですが、
怖いのはその裏にある「慣れ」。

正直、ある程度のシナリオをつくっておけば
その場は楽なことこのうえありません。

いちおう、
インタビューの「ようなもの」はできあがりますから。

けれどそれは決して「いいインタビュー」には
ならないとぼくは思います。

人間とは面白いもので、
ぼくが
「流しているか」
「ひとりの人間として全力で体当たりしてきているか」
は相手にも、
リスナーさんにも確実に伝わります。

短期的にはごまかせても、
長い目で見れば必ずそのボロはでます。

一時的に楽な道をとっても、
必ずツケが何らかのかたちでやってくるもの。

だから、
ぼくは正直インタビュー前はいつもドキドキです。

相手が国内外有名無名老若男女問わず、
人間力が問われますからね。

前日はいつも憂鬱だし(笑)

でも、それでも前に進んでみる。

下手くそなインタビューでもいい。
しゃべりや質問がうまくなくてもいい。
ネットでたたかれてもいい。

目の前にいる相手をリスペクトし、
インタビューを聴いてくれる人の役に立つお話が聞ければ。

自分という人間をさらけだして、
いまのありのままの人間力でぶつかってみる。

かっこ悪くてもいいから、
「流す」ことだけはしない。

正直たまに、ああもっと要領よくやれたらなあ、
と思いますが(笑)

そんなときは、
じぶんはウサギとカメのカメなんだ!と
言い聞かせて、その苦しさは「流し」ます(笑)

安藤さんがおっしゃっていた
「嘘がない演技をする」ということも

ひょっとしたら
「流さないインタビューをする」と
通じるのかなあ

そんなことをいま感じています。

Q.あなたにとっていい「●●」とはなんですか?

「●●」の部分をあなたのお仕事や役割に置き換えてみて下さい。
きっと人生をアップデートする気づきがあると思います!

あ、

安藤さんのインタビューは10月に
僕の無料ラジオ番組「キクマガ」で
放送しますのでどうかお楽しみに。

ちなみに今月のキクマガは、
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』でも特集された
「日本一」の高級鮮魚店、
「根津松本」店主の
松本秀樹さんにお話をうかがっています。

松本さんにとって「日本一の魚屋さん」とは?
松本さんが「本物」だと思うのはどんな人ですか?

など、このメールで僕が書いてきたことと
リンクする部分も多いので、
ぜひこちらのインタビューも
お役立て下さいね。

▼キクマガ vol.160 松本秀樹さん(鮮魚店「根津松本」店主)インタビュー
 ※下記内容はすべて同じ、すべて無料です。

■iPhoneはこちら
  http://goo.gl/7Gjsje

 ■WEB版はこちら
  http://goo.gl/5xHFZM

 ■Androidはこちらの無料アプリをインストールして「キクマガ」で検索
  http://goo.gl/lvs719

 ■ポッドキャストって何?聴き方がさっぱり
  という方はこちらに解説を書きました
  http://kiqmaga.com/?p=960

それではまた!

早川洋平

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る