【キクタススタッフより】

早川が精力的に取り組んでいる新メディア、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。第20号が配信されました。

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」には「イラとマコトのダブルA面エッセイ」というコーナーがあって、ご存知池袋ウェストゲートパークのマコトが書いたエッセイも読めるのです。

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

────────────
目次
────────────

00 PICK UP「あげまんになれますか?」
01 ショートショート「指導社員はお嫌い?」
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈20〉
03 “しくじり美女”たちのためになる夜話
04 IRA’S ワイドショーたっぷりコメンテーター
05 恋と仕事と社会のQ&A
06 IRA’S ブックレビュー
07 編集後記

今回は「衣良とマコトのダブルA面エッセイ」の中から冒頭をちらりとご紹介。

石田衣良とご存知『池袋ウエストゲートパーク』の主人公マコトが、 考えたこと、感じたことを、誠実に自己検閲なしで語っています。

──────────────────────
02 イラとマコトのダブルA面エッセイ〈20〉
──────────────────────

◇文系廃止論に賛成?   石田衣良

去年の秋、盛り上がった文部科学省発信の文系学部の廃止論はその後どうなったのだろう。

これからは大学の文系予算を削って、理系教育に力をいれる。はっきりいえば日本経済が輸出で稼げるのは、理系の産物である自動車・電気製品・精密機器などなど。文系なんて貿易黒字を生まないのだから、もっと予算を削っていいのだ。文系予算縮小にはそんな思惑が透けて見えた。それがおおげさな「文系廃止論」となってニュースになってしまったのは、文科省の誤算だったのだろう。その後必死になって、打ち消したけれど。

確かに年々科学とテクノロジーは劇的に進歩して、ぼくたちの生活を根本から変えるインパクトも増大している。インターネット、スマートフォン、電気自動車、GPS、監視カメラ、無人攻撃機・・・続きはブックトーク第20号で……)

◆気がつけば文系   真島マコト

工業高校を卒業するまでのおれははっきりいって、文系でも理系でもなかった。

非勉強系で非学校系だったのだ。

おれを変えたのは自分で文章を書くこと。

連載のコラムをもち、アイディアやメモを毎日書き止めるようになってからだ。

自分で文章を書くようになると、文字を並べていくことがどれほどたいへんな労働なのか気がついたって訳。

ほんとに頭も身体もへろへろに疲れ切るからな。

そこで本になっている昔の人たちのことを尊敬するようになった。

紙に文字を印刷して束ねた本というものを畏怖をもって見るようにもなった・・・続きはブックトーク第20号で……)

────────────────────────

1号あたり400円(+税)で、石田衣良の人生コンサルティングが受けられて、さらに毎号新作が読めてしまう、石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」。

乾いた日常に、極上の愉しみをお届けします。初月無料ですので、ぜひ一度、お試し下さい。

メルマガ・石田衣良ブックトーク『小説家と過ごす日曜日』

石田衣良ブックトーク「小説家と過ごす日曜日」

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る