「時代や環境を超えて生きる人は何が違うのか?」に迫る月刊誌
『コスモポリタン』の取材で、台湾で外国人として初の文学賞を受賞した
日本人作家・木下諄一さんにお目にかかりました。

台湾歴30年に迫る彼のお話はまるで小説さながら。特に、
【1】自分の創造性を呼び起こし
【2】かたちにして世に発信
【3】それが評価され職業になったか

というお話は圧巻でした。
その具体的なエピソードのひとつを短い連載コラムに書いてみました。

http://global.innovations-i.com/article/101.html

【夢実現のためや活動を広げるためにブログやSNSを一生懸命使っているけど、どうも効果が見えないなあ】

そんな方に読んで頂けたらと思います。

何が一番大切なのか、僕も改めてこの記事を書きながらインスパイアされっぱなしです。

P1080518
P1080639 P1080588 P1070999

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る