年々上昇する物価に、追い打ちをかける円安。日本人の僕にとって、ロンドンは世界一物価が高い都市の一つかもしれません。感覚としては、平均して日本の1.8倍くらいの感覚(汗)

そんななか、とあるスーパーで遭遇……

IMG_3641何かわかります!?

そう、

 

ロンドンの芽キャベツ(の仲間)は、房?ごと売っています。
この写真でも3分の1くらいすでにカットしたあとなのですが、それでもまだ30個くらい残っています。

「日本人の成人男子が一生に食べる量」があったら、これで終了だな(笑)

そして気になる価格……

物価だけのロンドンだけに……

 

 

1.5£……

 

1.5£……

 

あれ、270円?(購入時のレート)

 

安っ!!

超が付くほどの芽キャベツ好きな僕にとって、コストパフォーマンスが高過ぎでした。
おかげで、毎日野菜炒めにカレーに、果ては味噌汁まで……
芽キャベツ三昧の日々を送っています(笑)

ロンドンはチューリヒやパリに比べても負けない(!)いやむしろ勝るほど
「平均的には」物価高に感じますが、野菜や米、パスタなどはそれほど高くないように感じます。

また、高級店と安いスーパーの価格差がものすごいです。
日本のそれとは比較にならないほどです。

なので、どれだけロープライス、ハイクオリティなお店を見つけるか。
こうした情報はなかなかインターネットや本だけでは完璧でありませんので、
日々、イギリスやポーランドの友人にオススメ店を取材しまくる毎日です(笑)
それにしても多いなあ、ひとり暮らしにはこの芽キャベツの量……

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る